消費者金融を学ぶ

富裕層だけ裕福に我々庶民は借金して食いつなぐか東京の冬

さてタイトルのとおり今やばくないですか? 実質給料や生活に大打撃はまだないですが、 2、3年前から比べて変化なしといったところでしょうか。

富裕層→中間層→底辺 お金の流れは一体どこで?

富裕層(大企業)ばかりが利益を得て結局中小企業、零細企業にお金が 回ってきていないのは肌とまでとはいかなくても家の中でもちょっと 外寒くなってきたなという感じがします。

まだ、大企業からお金が下層に流れていくまでには時間がかかるのかも しれませんが実際どの程度時間がかかるのでしょうかね。

消費が増えなければいけないが、いつになるかがわからないから 消費を控える。この循環は今回の衆議院解散が物がったっていたように感じました。 そして総選挙どういった結果がでるのでしょうか。

意味のある消費をすることが大切かもしれない

今は景気がどうなるかもわかりませんし、お給料が上がるのか据え置きなのか 下がるのかもはっきりとわからないので、出来るだけ借金は控えたほうが良いように 感じます。借りるかどうかは個人の自由ですが、最悪の状態に陥った時借りられなく なってしまったら元も子もありませんので。

しかし東京の冬は冷えてきましたね。皆さんお金だけが人生ではありません。 景気が悪くてもよいお年をお過ごしください。

Copyright 消費者金融ラーニング. ALLRIGHTS RESERVED.