消費者金融を学ぶ

消費者金融の種類とそれぞれのメリット

費者金融と一口に言っても様々な金融会社があります。
また、一般的に消費者金融といっても大きく三種類に分かれます。
普通の消費者金融の他に、銀行系のものと、信販系のものがあります。

どれも簡単な手続きで借り入れができますが、違いはあります。

銀行系消費者金融

銀行系の消費者金融の場合は、銀行の系列なので、資金力が豊富なのが特徴です。
その為、他と比べると、金利が低い傾向にあります。
ただし、審査に関しては他の消費者金融と比べると、多少厳しい傾向にあります。
他の種類の消費者金融比べての違いでは、
総量規制の規制を受けない事も大きな特徴です。

総量規制によって、年収の1/3を超える金額の借り入れは禁止されています。
しかし、銀行はこの規制を受けないので、他の種類の消費者金融のと比べて自由です。
他に、借り入れ額によっては収入を証明する書類も必要になりますが、
銀行系の消費者金融ならこの規制も受けません。
ただし、会社独自の規則によって提示が条件になるケースが多いです。
これは、法律上必要だからというよりも、リスク管理として多額の借り入れでは、
他の種類の消費者金融同様に求めてるのです。

信販系消費者金融

信販系の消費者金融は、いわゆるクレジットカードでのキャッシングです。
金利については、消費者金融と銀行系の間です。
信販系の特徴としては、手軽さです。
借り入れ限度枠の範囲内であれば、簡単にキャッシングを利用できます。
消費者金融での借り入れでは審査がありますが、
信販系については審査が済んでいるのと同じ状態です。
借り入れ枠が決められている状態なのですぐに引き落としができます。
信販系は非常に便利ですが、反面安易に利用してしまいがちというリスクがあります。
キャッシング枠が自分のお金のように勘違いしてしまうケースも多いので、
自己管理が最も必要とされます。

一般的な消費者金融

最後に一般的な消費者金融ですが、他と比べての特徴は、
審査がゆるく、利用しやすいことです。
信販系はクレジット契約自体の条件が厳しいですし、
銀行系の審査も消費者金融と比べると厳しめです。
反面金利が高いというデメリットはありますが、利用するにあたって間口が広いと言えます。

それぞれメリットがありますが、共通して言えることは管理をきちんと行うことです。
契約どおりに返済したり、返済計画をチェックして
、意識して返済していかないと使いすぎたりします。

また、消費者金融への返済が滞った場合の延滞金
返済に遅れたり滞ったりした場合について書きましたが、
遅延についてもきちんと学んでおくと良いかと思います。

Copyright 消費者金融ラーニング. ALLRIGHTS RESERVED.