消費者金融を学ぶ

一括返済したほうが消費者金融の利息は安い - 振込やATMから -

消費者金融は他の住宅ローンなどと比べれば審査もあまり厳しくなく、またサービスも充実していて利用しやすいですから、すでに多くの人が利用していますし、これから利用しようと思っている人も多いでしょう。

ただ、金利が高いというデメリットもあります。
消費者金融でお金を借りれば、10%を超える高い金利で利息が発生することも珍しいことではありませんから、利息を抑える方法を考えなければならないでしょう。これが消費者金融とうまくつきあっていくための方法です。

賢く使えばそんなに利息も高くない?

消費者金融で利息を抑える方法の一つが一括返済です。
消費者金融でお金を借りれば、毎月少しずつ返済をしていくことになります。
しかし、その返済額が小さければ、なかなか返済が完了しません。
そのために、借入期間が長くなって利息の金額も大きくなることが多いのです。
ですから、余裕のあるときに一括返済をしてしまうのが良いのです。」
たいていの消費者金融では一括返済を行うことができます。

銀行でローンを組んだときには、一括返済をするために手続きが必要だったり、あるいは手数料を支払わなければならないことも多いのですが、消費者金融の場合には手数料なども必要とせず最初からできるようになっているのが一般的です。ATMで返済をする事もできますし、また振込で返済をすることができる場合も多いです。

もともと、消費者金融の利息は日割りで計算することになっていますから、いつでも返済ができるような体勢は最初からつくられていると言えるでしょう。

資金に余裕が生まれれば一括返済をするように心がけましょう。その際も、1日も早く返済するべきです。というのも、消費者金融では1日ごとに利息が計算されます。1日早く返済をすれば、1日分の利息を抑えることができるのです。

一括返済が無理なら繰り上げ返済も効果がある

借入れ金額によっては、一括返済が現実的ではない場合もあります。
しかし、ちょっとだけ余裕があるときって結構あるものです。
もちろん普段返済に追われているから、
この余裕な分でちょっとだけ美味しいものを食べる。
これも良い選択肢だと思います、長期返済となってくると心理的な余裕がなくなってストレスとなってしまうこともあります。ストレス発散に使うのもよいでしょう。
でも、よりお得に借入れを利用したいのであれば、その余裕のある分を繰り上げ返済に充てるのも賢い利用法です。

繰上げ返済は住宅ローンなどの高額で長期の融資の場合によく聞かれる返済方法です。
キャッシングにおいてももちろん有効な返済方法で、
早い時期に繰り上げ返済を行えば行うほど、
金利面でお得です。というのも借入残高が大きい返済初期のほうが、
利息が大きくなるのは当然ですが、この返済初期に多めに返済することで、
元金を効果的に減らすことができるからです。
ただし、繰上げ返済を行っても通常の約定返済日にはいつも通りの金額を返済する必要がありますから、 そのくらいの余裕がある場合にだけ、行うようにしましょう。

一括返済や繰上げ返済を活用すると、金利の高い消費者金融のデメリットを抑える事ができます。何らかの臨時収入が発生したときや、あるいはボーナスをもらったときなどには、できるだけ早く一括返済または繰り上げ返済をするべきです。

Copyright 消費者金融ラーニング. ALLRIGHTS RESERVED.